×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「Jump 2!」


もやしの絵を見飽きた方には題名から「……プッ一年前とそっくりじゃん(´_ゝ`)」などと判別がつかれるでしょう。そうです以前はイルカさんでしたが、今回は(今年は)ペンギンさんを飛ばしてみました。ナゼにペンギンさん?果たしてペンギンって飛んだの?っていうかペンギンが暖かそうな(?)海に居て平気なの?ついでに何なのもやしこの絵は?!!…などという疑問はさておいてください。。


 今回はペンギンさんです(謎)。ナゼかといえば、、水族館で見たから!(←子供か)そして彼(ペンギン)は飛んでいますが、、これはイルカと同じくとんでたらいいな~とかではなく実際に跳んでるところを見た!!からです。いやーこれはさすがに、感動しましたよ跳んでて!ザバァッ!!バシャァァッ!!!って(←意味不明) ペンギン氏のプールで泳いでる姿を見かけたのですがこれがはんやい速い!餌を追いかけるスピードは60km/hぐらい来てたのではないかと!!(若干ウソ)

 …とまあ無駄話はここまでで、最後の問い「ナゼペンギンが暖かそうな海を泳いでるか?」についてですが、これには諸説ありまして、実はこの絵は数年後の未来を予想してまして、「温暖化によって住む場所が無くなったペンギン達が仕方なく暖かい地方に進出してきた」という皮肉に満ちた設定が…そして薄着女の子の持ってるビーチボールも地球が中に入ってて注意書きには「取り扱い注意!高温を避けてご使用下さい」との内容が……

 …というのは捏造っす(えええー)。(厳密には前半が捏造で後半部はホント。) 実際のところは、「水族館ペンギンを海に放そうとする試みな一場面」らしき設定です(←あいまい)。彼(一応フンボルトペンギン)は比較的暖かい、むしろ暑い地域でも耐えられるタフなヒトだそうで、高温多湿なジャパンの水族館でもわりと沢山みられます。でもなんでだ?野生では危惧種だったハズなのに日本ではゴロゴロ見られるなんて?イッタイナゼ゙ナンダー!!!(←話跳びすぎ)

 ペンギンさんは書くの初めてですが、前回なんとなくイルカさんをやったのでその様なカンジで仕上げました(どんなカンジ?)。なんか動物系書くの楽しいです。嫌じゃないです女の子より(←ヲイ)。翼部にバンド的なものを加えて「飼育されてる」感を前面に。ええ前面に。


 さてさてここまで触れてこなかった女の娘ですが、今回も色々苦悩が盛り込まれておりますです。肌とか水とか水着とか!(謎) もやしの屋根裏に「薄着」娘が少ない理由……それは……ニガテだからです薄着が(暴露)!いや何も薄着の子が苦手ではなくてですねモゴモゴ……(←寧ろその逆)
 そんなご指摘を受けたか受けないかでハッとしたもやしが泣く泣く作った薄着娘第○弾!…この屋根裏部屋で水着娘に出会うのはやはりなんだか変な感じです。。(主観的感想) 



 とにかく何だかんだですが今回も動物ネタ(+水ジャンプネタ)が出来たのでとりあえず良かったです。何だか動物っていいですね!(ムツ○ロー発言)



>>大サイズ
>>褐色の恋人(色違い)
>>いわゆる「スク水焼け」!(←調子にのりすぎ)


↓コチラに置かせて頂いてます


Back


〜Attic or Garrett〜