×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


帆を上げて、鰭を立て
今は宙(ソラ)が 大海原


色とりどりの 空飛ぶサカナ
向こうのウミまで さあ競争だ
正々堂々、真剣勝負


―でも競走が終わったら、きっぱりゆったり、遊覧飛行


< ソラウミ >


 見た目どおりのヒコーキショーです。とくに言うことはありません(←ヲイ)


そろそろ”あつい”キセツが近づいてきましたからね。もやし管理人は夏が近づくと、すこしは元気のある絵を作ってみたくなるようです。。



 というわけで絵の説明をば、、といっても本当にあんまり無いですもん。言いたいことなんて。。。(説明逃避) まあ見たまんま、空にでっかいヒコーキが魚のカタチしていて、それで大空が大海原みたく感じられたら、これはまた気持ちいいだろーなー♪といったイメージが元になってます。(説明不足)

 しかしまあ、飛行船もヒコーキもこれだけ数をこなしたのは初めてです。しまいには「これ、飛ぶんちゃう?」などと思う位ラりってました。(←精神攻撃に弱い管理人)

 おさかな船は飛行船ベースで割とすんなり形になったと思います。これはまさしく、魚の流線型フォルムが飛行船のものと似ていたからに他ならない!?凄いぞ流線型!(←勘違い)
 基本的に某ジ○リ顔負け(そっくり)のプロペラ駆動の船(↑飛行船の下についてるやつ)をつければ飛ぶ、という、何ともいい加減な設定です。 中でもカメ型飛行船やカジキ型高速船(先のとんがってるヤツ)は少ない労力で上手くいったお気に入りです。あとイカヒコーキはサービス、ということで。。。

 
 ちなみに、画面中央ゴーイングメリー号的な飛行船のいる場所は、当初別の船が乗っかっておりました。それは、、エイです。エイ
途中から妙にこだわりだして気付いたら三葉虫みたく(もしくわ水ゴキ○リ)なってしまい、泣く泣く差し替えられたという。。。



…考えてみたら全然爽やかでない絵でした



>>少し大 size






こちらにも置かせてもらってます
空のイラストコンテスト



戻ります


〜Attic or Garrett〜