×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



* ブリキフリクションカー セダンタイプ(黒/白) *




フロントビュー:
丸顔でなんだか可愛いデザイン。
全長は25cmぐらいありました。この「意外と大きい」サイズが手にとってしっくりくるのです。


…ちなみに冒頭で「セダン」と表記しましたが、これは車種とか名前云々ではなくあくまでも車の分類名です。セダンとは、「リアデッキを持つ3ボックス型の乗用車(ネット調べ)」とあります。…なんのこっちゃ。。。
 カンタンに言ってしまうと、エンジンルーム(前)、シート部(中)、トランク(後)、の3つの部分でできてる乗用車ってことですね。

それってつまり…フツーの乗用車やん!!じゃあ一体この↑車の名前は?…分かりません(;;)


リアビュー:
ランプ部はクリアーパーツで再現。各パーツ同士素材が違いながらもかみ合いはかなり良いです。

ハンドル席(内部):
シートはブリキプリント、ガラス部は透明樹脂、ハンドルもプラ素材でしっかり再現されています。…よくみたら左ハンドル⇒外車?である事が判明!

 どーでもいいけど、ハンドル高すぎね
運転席つづき:
よくみると(よくみないと分からんが)、タコメーターなどおおよそ運転に必要そうな機材はちゃんとプリントされてます。そこまでやるとは…芸が細かい!!



彼↑との出会いはもう何年も前にさかのぼります。あれはもやしがまだヲタク少年を謳歌していた頃、、ふと新しくできたお店で出会ったのでした。。そのお店は今で言う「おしゃれな雑貨屋さん」で、若い女の人の服とかおしゃれな小者(じゃなかった、小物)が置いてあって、少年心のもやしにとって少し背伸びしたような、少し(かなり)場違いなドキドキ感を感じてました。




 そんな中窓辺の隅に佇んでいたのが彼でした。もやし少年はかなりな場違い感を感じていたので、さんざ悩んだ挙句これだけ片手にレジへ持って行って、レジのお姐さんとなるべく目をあわせないようにしながらそそくさとお金を払った気分を思い出します。。そんなハズカシサもあったせいか、それ以来そのおしゃれ雑貨店には寄り付かなくなり、、気がついたらそのお店はなくなって、ついでに引越しと共に彼も消息が分からずじまい。。次第に彼の事も忘れてしまいました。。。




それから何年かたったある日、たまたま押入れを整理していたら……バッタリ彼と再会したのでした。忘れてたから目新しさも倍増♪…じゃなくって、ずっと探していたのでとてもじーんときました。旧友と再会した時みたいな感慨です。(←そういってる本人はそんな経験無い)

 なんだか当時より錆付いてるような気がするけれど、そんな旧さすら一段と魅力に感じてしまうもやしでした。

…もう歳か?


→モドル

→Topへ



〜Attic or Garrett〜